デリケートゾーン 黒ずみ

デリケートゾーンの黒ずみの悩みは、他人には相談しにくいですよね。ただ、しっかりと対策すれば確実に改善していくことが可能です。デリケートゾーンの黒ずみを改善し悩みをすっきりさせましょう。
MENU

ムダ毛処理をすると黒ずみができる?

股の黒ずみが、デリケートゾーンの間違ったムダ毛ケア方法から
引き起こされるケースがあります。
間違った方法でケアするのではなく、きちんとした知識を身につけることが大切です。

 

メラニン色素が染みつくことで発生してしまうことが多い黒ずみですが、
体の中でもメラニンが生成されやすいのが、デリケートな股の部分です。

 

デリケートゾーンのムダ毛ケアの際は、肌に刺激を与えがちですが、
黒ずむ原因のメラニンができるのは、この刺激から肌が自身を守ろうとしているためです。
この際、重要なのが、いかに刺激を抑えるかという知識を備えておくことです。

 

 

大切なのはムダ毛処理後のケア

自己処理でも、お店で処理してもらう場合も、黒ずみを防止するために大切なのは、
ムダ毛処理後のきちんとしたお手入れです。

 

例えば脱毛をレーザーで行った場合、処理後の箇所は乾燥が進みやすくなっています。
なぜなら、レーザーは刺激が強く、肌が荒れた具合になっていることがあるからです。

 

この乾燥が、メラニンの過剰生産を誘発します。デリケートな股部分の肌は、
大敵である乾燥から自身を守ろうとするためです。

 

ですから、ムダ毛処理後は、肌の乾きをいかに食い止めるか、いかにたっぷり潤いを
与えるか、ということに注意しなければ、黒ずみは防げません。

 

 

一方、肌の代謝サイクルの乱れが、肌荒れによって引き起こされる場合がありますが、
代謝サイクルの乱れが発生すると、落ちるべき角質がうまく剥がれなくなります。
これも黒ずみの原因のひとつとなり得るのです。

 

以上から、必須なのは、ムダ毛処理後の肌への潤い補給だということが
お分かりいただけたと思います。
潤い補給は、代謝サイクルの乱れを防止することにもなります。

 

 

また、自己処理で剃刀などを使用する機会が減れば、肌への刺激は少なくなります。
刺激が少なくなれば、メラニンの過剰生成を防げます。

 

したがって、いっそのことサロンでレーザー処理を行い、ムダ毛を根本からなくして
しまうことも、股の黒ずみの抜本的な解決になり得ますね。股 黒ずみ

 

このページの先頭へ